更年期障害に対して

皆さんは更年期障害をご存知でしょうか?
主に、40~50代の女性から発症するケースが多く、体内のホルモンバランスの崩れが原因です。
医学的には、年齢を重ねるに連れて、卵巣機能が衰えやホルモンの分泌が乱れる事で、エストロゲンと言う女性ホルモンが減少します。
脳内では、卵巣刺激ホルモンにより、エストロゲンを分泌するように指令を出しますが、機能が衰えている結果、十分な量が整いません。
それにより、症状である発汗、のぼせ、頭痛、動悸、めまい、肩こり、腰痛、不眠を引き起こすと言われています。
同様の症状として、加齢に関わらず卵巣の摘出手術を行った場合も、更年期障害の様な状況になります。
治療法としては、ホルモン治療法として、医薬品の経口剤や注射剤などがあります。

現在では、肝臓にかかる負担を抑える目的と、血中濃度を安定させる為に、塗り薬も広く使用されています。
インターネットの海外医薬品では、薬 通販サイトにも、経皮吸収エストラジオール製剤の医薬品が多く販売されています。
閉経前後に起こると言われている、泌尿生殖器の萎縮に伴う乾燥や失禁にも有効と言われています。
その他効果としては、バストアップ、ハリ肌、ニキビ改善、体毛改善なども挙げられていました。